田んぼでCAMPができるまで #4 【心に響く体験を】

 こんにちは!「稲作本店」の店長 パフまりこ です。

この連載は「田んぼでCAMPができるまで」と題して、
田んぼの真ん中でのキャンプ開催に向けた舞台裏をレポートするものです。

本日は私が担当させていただきます。
よろしくお願いいたします!

▮1.CAMP場は今、黄金色です。

那須は、久しぶりの晴れで気持ちいい風が吹いています!

晴れた日は、本当に気持ちいいですよね~。
こういう日は、仕事をサボって、ピクニックにでも行きたいです。

さて、CAMP場にしようと思っている田んぼは、今、稲穂がが垂れさがり黄金色に輝いています!

どうです~?
めっちゃ美しくないですか?(自画自賛)

11月に予定している「田んCAMP」の場所は、この田んぼの何処かにしようと思っています。↓

一組あたり150坪(畳275枚分)くらいを存分に使って頂く予定です。

私達は、キャンプをあまりしないので、これが広いかどうか良く分からないのですが、実際立ってみて「広っ!」と思ったので楽しんで頂けるかなーと!

 この場所の他に、一組限定のプライベートサイトもご用意しようかと思っているんです。

プライベートサイトには、この小道を歩んで行くんですが、この道が気持ちいいんですよ!
トトロが歩いていそうな場所です。

上を見上げれば、葉っぱが光を受けて輝いていて

 

足元を見れば、栗やどんぐりが落ちていて

キノコがあったり(食べちゃダメですよ!)
カエルが「僕は葉っぱですよ」という感じで、溶け込んでいたりします。
カエル君、どこにいるか分かります?(笑)

小道を上がっていくと、パッと視界が開けて、およそ3反(1600畳)の田んぼに到着します。
こちらは、「無農薬」「無肥料」で育てている田んぼです。

ここを、プライベートサイトとして1組限定で使って頂く予定です。

どうです~?広いでしょ~?実際、めちゃくちゃ広くて気持ちがいいです!

この写真を見て、「ん?」と思われた、そこのあなた!正解です!
こちらは、草だらけの田んぼになります(笑)

無農薬で育てているので、草でゴソゴソしています。。

こちらは「クサネム」という草で、これがまた稲作の天敵です。
一通り草取りが終わる8月頃から発芽し、大きくなるので、大体は稲刈りまで取りきらずに放置してしまいます。。

無農薬・無肥料の田んぼって、こんな風に草が生えてしまって、通常の4~6割程度しか収量がありません。
なので、どうしても値段を高くしないと合わないんですよね~。

でも!収穫してしまえば、他の田んぼとなんら変わらず、キャンプに影響することはありませんのでご安心を~。

****

田んぼでCAMPをすると、こんな風に、他のキャンプ場では味わえないような解放感や、自然の楽しさに触れる事が出来ます。

子供がいる身としては、やっぱりこういう「ひろーい!」とか「きもちいい~!」とか「虫がいる!」とか、そういう原体験をして欲しいなと切に思うんです。

言葉以前の、心に感じるその風景が、いつしか大人になって希望へと繋がっていけるんじゃないかと思うからです。
辛い事があっても、世界には美しいものや楽しいものがあると心で知っていれば、きっと立ち上がれるはず。

もちろん、お子さんだけでなく、大人の方々にも日々から解放されて、楽しんで欲しいです。

身体全体で自然に癒されれば、次なる発想に繋がって、きっと素晴らしい世界を築いていけると思います。
日々、もう十分に闘っているんだから、自然に癒されて欲しい。

私達は、心に響く体験が出来るよう、準備していこうと思っています。

****

さて、こんな感じで、稲刈り前の静かなひと時を迎えております。

いざ始まれば、1ヵ月間ずーーっと稲刈り作業となるわけですが
田んキャンも11月に開催すべく、合間を縫って準備していきたいと思います♪

お楽しみに~!

長文読んで頂き、ありがとうございました!

他の記事も人気です!

新米予約たくさん頂いてます!