おコメ旅

おコメ旅 #1 『ここで仕事をする「理由」』

おコメ旅 #1 『ここで仕事をする「理由」』

私たちの田んぼで育ったお米たちは、どこへ行き、どんな物語を紡いでいるだろう? 普段誰もいない田んぼ。そこでは稲がすくすくと育っています。種から苗へ、苗から稲へ、稲から稲穂へ 出荷されるまで、誰とも顔を合わしたことのないおコメたち キッチンや厨房で、初めて出会った人のもとで どんな時間をお届けできているのか?記念すべき第1回目は、『ホテルエピナール那須(以下、エピナール)』の『和匠ダイニング 菜す乃(以下、菜す乃)』 料理長・荒井皇文さんのもとへ。私たちの育てた『自然米』やポン菓子の『イナポン』を料理に使ってくださっています。料理長の仕事観、チームづくり、そして次なる挑戦とは ―「これまで」と「これから」の旅路に、一緒に連れ出してもらいましょう! 生産者発!おコメの出会いを辿る旅 お楽しみください!   ◎私たちが伺いました!◎    パフじろう稲作本店 創業者 / ライスクリエイター パフまりこ稲作本店 創業者 / ライス魔法使い   ▮ 働く場所を模索した20代   パフじろう  荒井さん、いまおいくつになりましたか? 荒井37歳です。 パフまりこ若い!     パフじろう     超イケメンです(笑)。     荒井とんでもないです(笑)。 荒井 皇文さん: 1984年栃木県生まれ。「ホテルエピナール那須」和食部門にて修行をスタート。 その後、宇都宮市内のフランス料理店で経験を積む。 2021年に同ホテルに復職し、2016年から「和匠ダイニング...
続きを読む